加古川の住宅の特徴とは

兵庫県にある加古川の住宅は、気候と密接な関係を見せています。この地域は瀬戸内海式気候であり、雨が少なく、晴れが多く、積雪がほとんどないという比較的温暖な地域です。



雨が多く降るところや雪の多いところなどでは、屋根に特徴のある家が多いですが、加古川の住宅はバリエーションを色々持たせることができます。

要するに気候に神経を尖らせるということがありません。

海に面している加古川の住宅では海からの風などに気をつける心配こそありますが、町の中心部などではそこまで神経を使う必要はないというのが実情です。

エキサイトニュースの情報はこちらです。

広さなどに関しては他の地域とほとんど変わりませんが、加古川にも新興住宅が多く立ち並んでいるところがあるなど、昔から暮らす人、新たに暮らし始める人などが点在しており、特に駅中心部から北東の方に新しい家などが多く建設されています。



快速などが止まり、市内には工場がいくつもあることから、一人暮らし、単身用のアパートなども多く存在します。


そうしたことからも、バリエーションに富んでいることがわかります。


気候面では非常に暮らしやすく、雨なども少ないことから家の手入れが他の地域に比べれば簡単となり、気密性に関しても夏場の暑さだけを考えておくだけで十分で、冬も比較的暖かいため、雪が積もらないということになります。
気候に関する条件があまりないところには、家に対してのこだわりを持つ人が多く、ここでも同じようなことが言えます。